歯と歯ならびの勉強
歯は何本あるの

「こどもの(乳歯)(にゅうし)は20(ぽん)。みんなが小学生(しょうがくせい)になるころから「こどもの()」がぬけはじめて14(さい)ぐらいまでに「おとなの()(永久歯)(えいきゅうし)()えかわるとぜんぶで28(ぽん)になるよ。
親知(おやし)らずとよばれる()をいれると32(ほん)になるけど、この()()える人と()えない(ひと)がいるから(ひと)によって本数(ほんすう)がちがうんだ。

「こどもの歯」と「おとなの歯」は何がちがうの?

「こどもの()」と「おとなの()」のしくみは(おな)じ。ただ、「おとなの()」は一生使(いっしょうつか)うものだからとてもじょうぶなんだ!

でも、()えたての「おとなの()」は2(ねん)ぐらいはまだよわいから、むし()にならないようにしっかり()みがきしようね!

むし歯になったらどうなるの?

むし()ができて(いた)みが出てくるとおいしくごはんが()べられなくなったり、(よる)ぐっすりねむれなくなったりするよ。むし()(おお)きくなってしまうと()いしゃさんに行ってむし()をとる()りょうをしてもらうわないといけないからしっかり予防(よぼう)しよう!もし、(おお)きなむし()をほうっておくと健康(けんこう)な「おとなの()」をぬかないといけなくなることもあるよ、むし()ってこわいね。

だ液はなんでお口の中にあるの?

(えき)はきたないって(おも)ってた?じつはだ(えき)ってお(くち)(なか)(だい)かつやくしてくれる(はたら)きものなんだ!

(くち)(はい)った()(もの)をやわらかく、かみやすく、()みこみやすくしてくれるよ

(くち)(なか)細菌(さいきん)がふえないようにしたり、そうじをしてくれるよ

(した)やくちびるの(うご)きをなめらかにしてくれるから、(はな)しやすくなるよ!